MENU

低金利カードローンは審査が厳しい

低い金利で借りられるカードローン、主に銀行からの借り入れは審査が厳しくなっており、申し込んでも審査に通らないのでどうにもならない方も多いものです。

 

 

いくら低水準の金利であるとしても、審査に通らないのでは意味がありません。カードローンはあくまで借りられてなんぼの世界ですから、どんだけ金利が低くても、借りられないと何の意味も成さないのです。

 

しかし、銀行の中にも審査の基準に違いがあり、一つでダメだったからと言って全てがダメなわけではありません。よく考えて選んで申し込みを行えば、どこかからは借りられる可能性もあるのです。

 

カードローンを借りるなら登録業者から

お金の貸し借りに関するトラブルは後を絶ちません。業者から借りた場合であっても、何らかのトラブルが起こることはありますが、きちんと法律を守っている業者なら安心でしょう。では、どうすればそれを確認する事ができるのでしょうか。

 

カードローンが法律を守って運営されるのかどうかは業者のコンプライアンスの問題ですから判断は難しいのですが、最低条件として登録している業者から借りるべきでしょう。というのも、法律では貸金業者として貸し付けを行うためには、国や都道府県に登録しなければならないと定められているからです。

 

複数の都道府県にまたがって営業を行うときには国に対して登録を行わなければならず、単一の都道府県のみで営業を行うときには、その都道府県に登録を行わなければなりません。登録をせずに貸し付けを行う業者は違法業者ですから注意しましょう。

 

広告などには、必ずこの登録番号が記載されています。また、電話番号も記載されているはずです。中には適当な登録番号を記載している違法業者があることも否定できません。ですから、きちんと登録しているかどうかを確認することは必要なのです。

 

金融庁は、登録された業者の情報を公開していて、一つのデータベースにまとめられています。ですから、借り入れをするときには、このデータベースで確認するべきでしょう。

 

いくら審査基準が低くても怪しい業者は避ける

どうしても借りたいからと考え、審査基準が極端に低い無登録のカードローン業者は利用しないようにしましょう。下手に利用してしまうとトラブルの原因にもなり、何かと面倒になるものです。

 

正規業者であり、審査基準が大手とは違う独自の見方となると評判のライフティあたりならそこまで問題とはなりませんが、闇金融で借りてしまうのは絶対に避けるべきです。

 

確実に返済できる金額を知る

お金を借りるときは、確実に返済できる金額を調べておくことが大切です。インターネットや雑誌などでは、年収の1割が安全とか、2割までなら大丈夫とか記載されていますが、これは万人に共通する条件ではありません。1割の借り入れでも大変な方もいれば、4割以上借りていても難なく返済できている方もいるのです。

 

「安全に返済できる金額」と聞くと、多くの方は年収を持ち出して考えるはずですが、これは当てになりません。年収が多いから生活に余裕があるとは限らないからです。年収200万円台でも無借金の方もいれば、年収1,000万円超えでもカードローンを利用している方はいます。

 

確実に返済できる金額というのは、金融機関側が調べることはできませんので、あくまで自分で設定するしかありません。そのためには家計の把握が必要なので、家計簿をつけてみるのが一番です。

 

手取り収入25万円で、出費が22万円だとしたら、3万円を貯金に回せることになります。ローンを組むとしたら、月に3万円まで返済できることになりますが、この金額を設定するのは危険です。

 

急に車が故障したり、財布を落としたり、予期せぬトラブルやアクシデントが発生する可能性も考慮して、借入額は少なめにしたほうがいいでしょう。

 

多くの返済が出来ないなら

返済金額を多くすると支払いが出来ないと考えるなら、低金利のカードローンで少額の利用とするようにしましょう。少ない金額で低い金利なら返済額も小さいので、生活が厳しい方でもスムーズな返済が出来るようにもなります。

 

今では銀行も1万円単位で借りられるところも多くなっており、インターネットバンキングを使えばネット上での振り込みによる融資も可能です。手軽に借りられますので、まずはネットでも人気のおまとめ対応オリックス銀行カードローン金利を見て、今後の借り入れをどうするか考えてみましょう。